十勝を巡るキャンプな旅日記(その1)大樹町のロケットに無料のキャンプ場がすごい!

キャンプ旅行記
スポンサーリンク

札幌から1泊2日のキャンプ旅。
高速でびゅんと訪れたのはロケットで有名な大樹町や忠類などを中心とした南十勝方面。
帯広の南側の地域。

9月中旬、食べ物が美味しく、秋キャンプに最高な季節です。

今回は、十勝方面の旅キャンプの様子をご紹介。
ステイしたキャンプ場や訪れた場所の紹介は、後ほどじっくりと別記事で紹介します。

案内人 ウサキ
天気が怪しくて、急きょキャンプ地を変更したんだよな!
しょうの代理 ルルン
十勝の観光スポットや美味しいものにたくさん出会ったキャンプ旅!
キャンプ場はなんと無料でしたよ!

大樹町で美味しいチーズにトーチカ、そしてロケットを巡る!

最初の目的地は、帯広の南の方にある大樹町。

大樹町は、ホリエモンこと堀江貴文さんが住民票をおいている町でもあります。
最近では、堀江さんの会社のロケットの打ち上げなどで話題になりましたよね。ネットで応援していました。

札幌から大樹町までは、高速道路で行くことができます。

帯広からは無料区間の「帯広・広尾自動車道」で目的地へ。

高速道路の車窓から見えるトマムタワー。いつみても迫力があります。

大樹町でまずは道の駅などに立ち寄り、お昼ごはん。

お昼は「にしかわ牧場」へ。

チーズの盛り合わせ。

この量で(しかも写真のチーズは子どもが手を伸ばし、すでに減っている!)400円なり。美味しすぎて幸せ!

百合根とじゃがいものピザ、なすの味噌味ピザなども絶品!

ピザのお値段も550円~650円ほど。感動の美味しさでしたよ。大樹町に立ち寄ることがあれば、おすすめのランチスポット。

ゆったりとした贅沢な時間を過ごしてきました。

関連ランキング:デリカテッセン | 大樹町その他

次に立ち寄ったのは、トーチカ。

トーチカとは、鉄筋コンクリート製の防御陣地を指す軍事用語。
北海道の太平洋側には多くのトーチカが今も残されています。

途中、たくさんのタンチョウヅルにも出会いました。

丹頂鶴は釧路の方にいるイメージでしたが、話を聞くとこのあたりにもたくさん生息しているとこと。しかも、数が増えすぎて、困っていることも多いのだとか。ありがたいイメージしかなかったツルですが、いろいろと問題もあるようです。

そして、お目当ての施設「大樹町宇宙交流センターSORA」へ。

ひたすら牧場しかなかった大地に突然出現した巨大な建物。

大樹航空宇宙実験場です。迫力があります。すごい!

その隣に、一般開放されている施設「大樹町宇宙交流センターSORA」がありましたよ。

ロケット事業、夢がありますよね。
じっくりと見学させてもらいました。

キャンプ地を急きょ変更!無料のキャンプ場へ!遊具も充実

さて、そろそろキャンプ場へ向かわないと行けない時間。

この日のキャンプ地は中札内の方にあるキャンプ場を予定していましたが、なにやら雲行きが怪しい…。

天気予報を見ると、夕方から雨の予報。雨の中の設営は辛い…。札幌に帰ることも視野に入れつつ、ふらりと立ち寄った道の駅「忠類」。

ナウマン象の化石が発見されたことでも有名な場所です。

忠類の道の駅には、キャンプ場が併設されていますが、なんと利用料無料!

サイトの様子をみると、天気が悪くなりそうな予報の中、たくさんのキャンパーたちで賑わっています。

「よし、今日のキャンプ地をここにする!」

雨に振られないうちに、設営完了。

100均で買ってきたハロウィンの飾り付けもし、今夜のテーマは、ハロウィンキャンプ。

目の前にあるナウマン象の博物館にも行きましたよ。

キャンプ場のサイトの目の前には充実した遊具広場もあり!

水遊びができる水路やウォータースライダーのような滑り台もあるので、夏の季節も楽しいに違いない!

 
やはり、天気予報通り雨がパラパラと降ってきました。
設営が完了しているので多少の雨は、問題なし!

テントにこもって、パラパラとテントに落ちる雨の音を聞きながらのキャンプ、それはそれで雰囲気があるのです。

夜ご飯は、たこ焼き器で作る簡単なチーズフォンデュに

道の駅で買ったお野菜たちをやいて(ホイルにくるまれているのはとうもろこし!)

同じく、途中で買った十勝の美味しそうなハンバーグを焼いて。


ニトスキ(ニトリのスキレット鍋)が今日も大活躍しています!

そして、大鍋(ダッチオーブン)では、出発前に家で野菜を下茹でしておいたので、ちゃちゃっとラーメン鍋を作って。

相変わらずの楽ちんキャンプ飯の完成です。

無料でなんて素敵なキャンプ場。
十勝は景色がよく、美味しいものがたくさん!訪れるごとに新しい発見もある大好きな場所です。

明日は、雨があがりますように!

十勝を巡るキャンプな旅日記(その2)へ続く・・・

スポンサーリンク