【GENTOS(ジェントス)LEDランタンEX−400Fレビュー】雰囲気がある明かりがおすすめのランタン!400ルーメン

キャンプアイテム
スポンサーリンク
しょう
こんにちは! 年間キャンプ泊数が20泊以上のファミリーキャンパーの のしょう(@syoradio1)です。

電池を入れてスイッチを入れたら明かりが灯るLEDランタン。

中でも、「GENTOS(ジェントス)EX-400F」はLEDフィラメントが生む雰囲気を壊さない暖色の明りが灯るおすすめのランタンです。

眩しい光ではなく、柔らかい光でかつ明るいLEDランタンを探している人にぴったりのアイテムですよ。

LEDランタンとは思えないほどの雰囲気のある明かりが魅力、GENTOS(ジェントス)のLEDランタン「EX−400F」を紹介します。

この記事でわかること
  • ジェントス EX-400Fとは?
  • ジェントスEX-400Fの機能や主な特徴
  • 実際に利用しての感想・口コミ

ジェントスEX-400Fとは? フィラメントLEDが生む柔らかい明かり

紹介する「ジェントスEX-400F」はLEDランタン。特徴は、ムードがある柔らかい明かりです。

ムードがある柔らかい光が特徴のジェントスのランタン

ムードがある柔らかい光が特徴のジェントスのランタン

フィラメント模したLEDが生む明かりはとっても雰囲気があります。シンプルな見た目とクラシカルな雰囲気もよく、人気があるLEDランタンです。

明るさは400ルーメン。単一電池3本を使用し、実用点灯時間は30時間強です。

コールマンのLEDランタンとの明かりの比較

コールマンのLEDランタン(クアッドマルチパネルランタン )と比較しても、ジェントスのランタンの明かりのほうが暖色で眩しくない柔らかい光です。

ジェントスEX-400Fの機能や特徴

ジェントスのLEDランタン「EX-440F」の主な機能や特徴です。

ジェントスのLEDランタンEX-440Fの機能や特徴
  • 単一電池3本使用、実用点灯時間は約30時間強
  • 光源が調整可能
  • 明かりがゆらぐキャンドルモードもあり
  • フィラメントLEDでムードがある柔らかい光
  • 逆さにしても利用可能・・・テントに吊るせる

ダイヤルで光源が調節可能

本体の中央についているダイヤルで光源を調節することができます。

光源の段階は決められておらず、無断階で調節可能ですよ。眠る前にほんの少しの明かりだけ照らすこともできます。

▽外箱にある説明

光の強さを調節できるだけでなく、ダイヤル部分をおすことで、「キャンドルモード」にすることもできます。キャンドルモードにすると明かりがまるでろうそくの火のようにゆらぐので、より雰囲気がでます。

キャンドルモードは、弱めの明るさでテーブルライトとして使うときなどにいいですね。

フィラメントLEDにより柔らかい光

6本のフィラメント場のLED素子により柔らかい光が特徴のランタン。明るさは400ルーメン。

テント内を照らすときは、隅々まで過不足ない明るさで灯せるくらいの明るさです。

カバーが外れて逆さまにしても利用可能 テントに吊るせる

ランタンのカバーは外すことができ、逆さまに吊るして利用することも可能です。

ランタンにビルトインフックがついているほかに、別のフックもついています。

カバーを外して、逆さまにしたところ。

 

6人用の大きめのテントで使いましたが、幕内を明るく照らしています。

実際に利用しての感想・口コミ

まるで、マントル系ランランのような柔らかい明るさとテント内まで灯せる400ルーメンの明るい明かりで、雰囲気のよさと実用性のよさが備わったランタンです。

クラシカルでシンプルな見た目も気に入っています。

小さい子供がいる場合は、燃料系ランタンは危ないのでLEDランタンのほうが安心ですよね。初心者にもマントルを使う燃料系ランタンは少しハードルが高いので、やはりまずはLEDランタンをおすすめします。

ジェントスのEX-400Fは、テント内を明るく灯す、テーブルライトとしておすすめのLEDランタンですよ。ムードある明かりでサイトを優しく照らしてくれてキャンプ気分を盛り上げてくれるランタンです。

スポンサーリンク