【30日間無料!】キャンプ本も読み放題!

「島尾キャンプ場」目の前が海!美しい朝日と海越しの立山連峰が圧巻!海水浴や観光の拠点にもおすすめ|富山県氷見市

しょう

こんにちは!ファミリーキャンパーの しょう です。

富山県氷見市の海岸沿いにあるキャンプ場「島尾キャンプ場」に行ってきました。

海越しに望む立山連峰に朝日が素晴らしく、波の音が心地よくて。夏場は海水浴場としても賑わう場所です。金沢や能登半島にもアクセスしやすいので観光の拠点としてもおすすめです!

当記事では、島尾キャンプ場のアクセスや予約方法、料金やキャンプ場の様子を写真多めで紹介します。

▽ 360度カメラTHETA(シータ)はキャンプシーンで大活躍するアイテム!星空も撮れる!▽

島尾キャンプ場とは?夏には海水浴で賑わうキャンプ場!

紹介するキャンプ場「島尾キャンプ場」は、富山県氷見市にあり、日本海沿いにあるキャンプ場です。

目の前が海!

夏には島尾海水浴場として賑わいます。海水浴や釣りなどのマリンスポーツや、波打ち際で遊んだり、心地よい波の音とともに楽しめるキャンプ。

天気がいいと、海越しに高くそびえる立山連峰が望むことができ、圧巻の景色が目の前に広がります。

海越しに見える立山連峰も圧巻の景色

車はサイトに横付けOK。金沢や輪島の朝市にでかけたりと、富山・能登半島方面への観光の拠点にもおすすめのキャンプ場ですよ。

島尾キャンプ場へアクセス、住所などの基本情報

島尾キャンプ場は富山県氷見市の海岸沿いにあります。

東京方面からは、関越自動車道→上信越道→北陸自動車道 を通り、小杉ICで降りて高岡方面に30分ほどの場所にあります。

海岸の道沿いの漁火ロード沿いに島尾キャンプ場があります。この道沿いにはキャンプ場はいくつか点在していましたよ。

島尾キャンプ場の住所などの基本情報

島尾キャンプ場の主な設備

島尾キャンプ場はテントを設営する場所などの指定はありません。設営場所は、先着順のフリーサイトのみです。

ただし、車をテントの横に駐車できるので、設営・撤収はものすごく楽でしたよ。

島尾キャンプ場の主な設備
  • 管理棟あり
  • 入浴施設あり(併設している民宿 美浜荘の日帰り温泉を利用可能、大人400円・子ども300円)
  • 売店なし
  • 薪・炭の販売あり
  • ゴミ捨ては有料
  • トイレは洋式
  • レンタル用品あり:BBQ用品や海水浴のアイテムなど
  • 電源は有料で利用可能
  • 季節限定で地引網の体験もあり(有料)
  • バンガローあり

▽キャンプ場の受付と管理事務所。薪もここで購入できます

▽お風呂は併設している民宿の日帰り温泉を有料で利用することもOK。キャンプ場の近くに大きな入浴施設もありましたよ

▽炊事場

▽炊事場

▽トイレは簡易トイレで不安でしたが、中はウォッシュレット付きで清潔な洋式トイレでした。

島尾キャンプ場の予約方法

島尾キャンプ場の予約方法
  • 予約方法:TELのみ 0766-91-0074

島尾キャンプ場の料金

島尾キャンプ場の料金は、施設利用料+テントスペース料金+駐車料金 の合計金額になります。

施設利用料は1人1泊ずつかかる料金。施設利用料金は以下のとおりです。

  • 大人(中学生以上):日帰り600円、1泊800円
  • 子ども(3歳以上):日帰り400円、1泊600円

テントスペース料金はテント1張りごとにかかる金額です。

  • 普通サイズのテント:日帰り:500円、1泊1000円、2泊1600円、3泊2400円

駐車料金は普通車で日帰り500円、1泊ごとに1000円かかります。

4人家族(大人2人・子ども2人)でテント1張りで1泊する場合は、4,800円です。

施設利用料800円×2+600円×2 +テントスペース料金1000円 +駐車料金1,000円=4,800円

島尾キャンプ場から最寄りのスーパー・コンビニ、入浴施設は?

島尾キャンプ場から市街地は近く、車ですぐのところにコンビニ・スーパーがありますよ。

▽おすすめの近くのスーパー 大阪屋ショップ氷見店:車で6分 地元の魚やBBQ用の肉も揃っています!

▽最寄りのコンビニ:ファミリーマート 氷見島尾店…車で3分

▽おすすめの入浴施設:氷見温泉郷 総湯…車で8分

島尾キャンプ場で2泊!観光の拠点にもおすすめ

テントサイトは道路を挟んで両側にあります。空いていたので気持ちが良さそうな海側の方のサイトを選択しました。

場所の予約などはないので、空いている場所に先着順に選べるシステムです。

サイトは、松の木の間にテントを張るスペースがあります。

海が目の前。波の音が心地よく聞こえてきます。

空いていたこともあり、広々とスペースを使うことができました。快適!

子どもたちは海岸で貝殻拾いなどを楽しんで。海なし県(栃木県小山市)に住んでいるので、海が珍しかったりします。

2連泊したので、二日目の朝は能登半島をぐるりと観光しました。輪島の朝市も楽しかったです。

▽朝市で購入した干物セット。

輪島の朝市で購入した干物のセット

ノドグロをはじめ、いろいろな魚の干物を食べ比べ。美味しい!!

夜に聞こえてくるのは波の音。寝るときも、心地よい眠りを誘う波の音でした。

朝は頑張って早起きして、海から出てくる朝日を子どもたちと見ました。4時半起き!

真っ赤に染まる朝焼けの海と空。美しい光景でした。海越しに高くそびえる立山連峰も凛とそびえてかっこよくて。

キャンプで出会える非日常の景色っていいですよね。少しずつ心に刻まれて、日々の暮らしの栄養になっているような気がします。

この記事が気に入ったら いいねしよう!最新記事をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA